Entries

一日看護体験

毎年春と夏に開催される一日看護体験
この夏は7月26日、7月28日と、8月2日、8月5日
の4日間行われ、全体で50名の参加がありました。

白衣に着替えると
「似合ってるやん」「恥ずかしいわ~」
など、お互いの白衣姿に照れ笑い

内容は血圧測定練習や院内見学、病棟体験、食事介助体験、
進路説明や記念撮影、看護師との交流会と盛りだくさん
看護師さんに質問をして直接生の声を聞くことができます
リピーターさんには別メニューも用意しています

院内見学では病棟はもちろん、消化器病センターや医事課、
放射線科や食養科、中央材料室など、院内の様々な部署をまわり
それぞれの職場で、どんな職種の人がどんな仕事をしているのか、
他職種とどのように連携しているのかを学びました。

CT撮影

この写真は放射線科で放射線技師さんから説明を受けているところです。
CT撮影やレントゲン、マンモグラフィなど、様々な説明を受けました。

患者さんを囲んで

この写真は病棟で患者さんとお話しているところ。
血圧測定もさせてもらいました。
「これから血圧みせてもらいますね」
「腕きつくないですか」と、
声かけもばっちりできていましたよ

ごはん

食事介助は参加者どうしで食べさせあいました。
普段患者さんが食べているご飯を実際に食べてもらいました。
一口の量はこれくらいかな?もう飲み込んだかな?
と、様子を見ながら食べさせあいます。ちょっと恥ずかしそう

お粥や中華スープは意外と美味しい??
お茶ゼリーは味がしないと、苦手な子が多いようでした。

最後の交流会ではお菓子をたべながら
看護師さんにいろんな質問をしました。
「夜勤で眠たくならないですか」
「看護学校をどうやって選びましたか」などなど…
最終日は特に盛り上がり、多くの質問が出たようです!

そんなこんなでとっても充実した一日になりました。




スポンサーサイト

夏期実習・一日看護体験が終わりました

今年の夏は本当に暑かったですね
みなさん夏をしっかり満喫しましたか
まだまだ残暑が厳しいですが、残り少ない夏を
楽しみながら、体調を崩さないように気お付けましょう!!

8月の土庫病院は看護学生の夏期実習や大学の実習の受け入れ、
一日看護体験、子どもの病院探検など、盛りだくさんのあつ~~い夏でした。

幾央大学からは20名の学生がチーム医療を学びに来てくれました。
リハビリ室

今回は昼食介助や多職種カンファレンスも経験してもらいました。
多職種カンファレンス

食事介助実習

病棟の実習担当者は患者様の食事の説明をし、学生は熱心にメモ。
実際に患者さまが食事をとるお手伝いをした学生は、
「患者さまとコミュニケーションをとるのが難しかった」
「患者さまが食事を飲み込んだかどうかがわからなかった」
などの感想が寄せられました。
それに対し現場の看護師からは
「患者様ののど元をよく見て飲み込んだかどうかを見極める」
とのアドバイスがありました。
患者食の説明

学生たちは実際に現場で体験しチーム医療を肌で感じてくれたようです。

中本看護部長、下副師総師長、師長室の看学生担当、師長室事務の4人は
その後幾央大学で行われた学内発表会にも出席しました。
学生たちは、様々な職種が患者様を核として連携しながら仕事をしているということや
一人で決めない、一度で決めないということを発表してくれました。
短期間の実習で大きく成長してくれたようです。


9月以降は中学生の職場体験などがありますが、
今度はどんな学生さんが来てくれるのか
とっても楽しみ。
医療や看護という職種に少しでも関心を持ってくれると
嬉しいですね

健康まつりと川嶋みどり先生講演会のご報告

雨の日が多くなってきました。梅雨入りですね
ジメジメと鬱陶しい季節ですが
ホタルや紫陽花など、この季節ならではの楽しみも・・・
雨の日のお勧めの過ごし方があればどなたか教えてください

報告が遅くなり申し訳ありませんが
5月22日は第23回健康まつりが行われました。
去年はインフルエンザが流行していたため中止になったので
2年ぶりの健康まつりでした。

健康まつりはJR高田の駅前で毎年5月に行われる
健生会主催のお祭りです。
健康チェックや体力測定だけではなく
おでんや焼きそば等の食べ物のお店やバザー、
子供の広場ではミニSLやスーパーボールすくいもあり
中央舞台では歌やダンスなどが披露される賑やかでとっても楽しいお祭りです

残念ながら今年は一日中雨でしたが多くのお客様が
足を運んでくださり大盛況でした

看護師長室のテントでは
働く看護師さんの様子や看護学生の写真を展示し
健生会の看護を紹介しました。
看護師長室テントにて
写真を説明する様子

写真だけではなく、来年は何かもっと
人を呼び込む工夫をしなければならないと
思いました


さて、前回のブログでもお知らせしましたが
川嶋みどり先生の講演会に行ってきましたので
ご報告します。

今回の公演では
『看護師の手の有用性―癒し慰め励ます手の価値』
についてお話していただきました。

最近は血圧や心拍数など
なんでも数値で出てきますが、やはり数値だけでは
患者さまの痛みや気持ちを分かることって難しいですよね。

実際に患者さんに触れて自分の目でよく見てこそ
患者さまに寄り添う看護ができるのではないかと
川嶋先生の講演を聞き、思いました
健生会の看護師も
“忙しく仕事に追われるなかで、患者さまに触れて寄り添う看護ができていたか”
“看護学校で学んだことを思い出した。看護の原点を思い知らされた”
と、いろいろ考える良い機会になったようです。

傷や病気だけでなく心まで癒す
手の温もりを患者さまに伝えていける
そんな看護師になりたいですね

以上、健康まつりと川嶋みどり先生講演会の
ご報告でした



日本平和大会

毎日寒い日が続きますが、お元気でしょうか?
昨日は 1/7 七草粥の日。 
お正月の暴飲暴食で疲れた胃や腸を休ませる日でした。
お粥の温かさは、病気や1/7の時だけでなく 心も温まりますね♪


医療機関として、命を守る視点から平和の活動も行っています。
健生会のグループである河合診療所の事務Mさんが、日本平和大会に参加されました。
参加した感想を以下に載せています。

12月11日から13日に、神奈川県にて開催された日本平和大会に参加しました。

大会シンポジウムでは地元神奈川や、沖縄など全国各地の米軍基地周辺住民の方、世界各国の方々からの、様々な角度から米軍基地問題、軍事同盟、核兵器廃絶といった平和についての発言を聞き、大変勉強になりました。
特に2日目に行われた動く分科会では、午前中に厚木基地を見学し、奈良に住んでいると、経験することはないような爆音で飛ぶ戦闘機を生で見ました。
それを見学した後、午後からの爆音訴訟団の方の訴えは、さらに理解でき、より深く心に響きました。
日本平和大会 ステージ 2009

 この3日間、多くの知識を得て、また経験をし、平和について改めて考えさせられた大会でした。
2010年は日米安保50年であり、ニューヨークでNPT再検討会議もあり、それにつながる非常に良い平和大会だったと思います。
このような大会に参加させて頂き、本当にありがとうございました。

日本平和大会 奈良参加者 健生会



学術運動交流集会

師走も半ば、寒い毎日が続きますがみなさんお元気ですか?

12月13日(日)、奈良で民医連に加盟している4つの法人が合同で「学術運動交流集会」を行いました。

これは、毎日の医療・看護・リハ・介護などなど 
看護研究やまとめたりして自分たちの行っていることを振り返ろうという企画。
2年に一度行っています。

民医連 学術運動交流集会 集団
医師・看護師・保健師・放射線技師・栄養士・調理師・検査技師・薬剤師・保育士・リハ・事務・介護福祉士・ヘルパー・学生・共同組織のみなさんなどなど全体で約400名が参加。
4つの分散会にわかれて発表しました。


研修医 発表 チーム医療
1年目の研修医も発表しました。
民医連でチーム医療を学ぶ研修の実践報告がされました。

看護研究 緩和ケア 認定看護師
緩和ケアの取り組みを発表する原口師長。


伊藤千尋  世界から見た9条
ジャーナリストの伊藤千尋さんに「人はだれも愛される権利がある~世界から見た9条」という題名で記念講演をいただきました。

世界86カ国を取材して、世界で憲法を日常の生活で使っている姿を教えていただきました。
また、日本の常識が世界で通用しないことがたくさんある事を聞き、
自分で考える力を身につけることはやはり大切だなと感じた 講演でした。

忙しい業務の合間に、準備してどの発表者も大変だったと思います。
でも、こういう取り組みを通して、自分の振り返りになったり、やっていることを周りの人にも知らせられて、
有意義な一日でした。

参加した皆さん、お疲れ様でした!!!

職員の研修を行いました。 接遇研修


秋も深まってきました。
みなさんお元気ですか?

さて、今日は職員の学習会をしましたので報告です。

土庫病院には接遇委員会という、マナーアップするために活動している委員会があります。
その委員会と病院内で一番人数覆い部門、看護部門が共催で 学習会を開催しました。
接遇講習会

参加者は事務系や看護部門、放射線技師やヘルパー、保育士も参加しました。

自分達の日ごろの接遇を振り返り、
改めて挨拶や身だしなみ、コミュニケーションを基本から学びました。

お辞儀の練習

お辞儀の練習。
最敬礼、普通礼、会釈の違いを学びました。

質問に答える 電話対応
正しい日本語で、気持ちのよい電話対応の練習中です。
当院の接遇委員長が、みんなの前でがんばってくれました。

この研修で正しい言葉遣いの難しさを改めて感じました。
でも、難しいからと言って、避けるのではなく、積極的に意識して使いこなせるようになりたいですね。

そして、患者さまや職員同士でも
気持ちの良いあいさつや言葉がけを実践していきたいと思います。


紅葉がきれいに色づくにつれ、朝晩の冷え込みが厳しくなっていきます。
みなさまもどうぞ、お体に注意しながら

スポーツの秋・食欲の秋・読書の秋

それぞれの秋を楽しんでくださいね

新人ナース 奮闘中☆

みなさんこんにちは☆

だんだんと熱くなってきている今日この頃。
汗ばむ陽気も感じるようになってきました。

土庫病院では、新人看護師たちも配属部署で 成長し始めています。

今日はその中で 3階病棟配属の oさんを紹介します
oさんは奈良県病院協会看護学校卒で笑顔の素敵な新人ナースです

配属の病棟は内科病棟です。
はじめは主にローテート研修を行い 法人内のいろいろな部署を研修で回りました。
病棟での仕事が始まり最初は 病棟の雰囲気になれることが一番大事。

看護師以外の病棟で働く仲間の クラーク、ヘルパー、助手業務を学びます。
看護師以外の職種を学ぶ時に カルテの作り方や患者さんへの対応、病院内で連携する部署での移動方法など多くのことを学びます。

新人看護師 奮闘 病院協会看護専門学校
食事介助をしている様子。一口ずつ声をかけて。

患者 ベッド 看護 ケア 移乗 車いす
お食事が終わり、ベッドへ戻るようす。移乗の介助もサマになってきました。

奈良県病院協会看護専門学校 卒 新人ナース 
お昼のお弁当はお母さんの手作り。
「今日は質素なんです」といながらも、
毎日お弁当をつくってくれるお母さんに感謝しているそうです。

最後にoさんより
「やっと病棟の雰囲気に慣れてきた所です。看護師以外の体験も、患者さんを支えている役割が学べて大事だと感じています。これからどんどん覚えることも増えて大変になりますが 笑顔を絶やさないナースになりたいと思っています」


ナースウェーブ

5月9日、晴天の元、奈良市内で「ナースウェーブ」を行いました。
参加したのは、土庫病院の他にも県内の病院で働く看護師を中心とした人々。

5月10日づけ奈良新聞にも載っています。
http://www.nara-np.co.jp/n_soc/090510/soc090510d.shtml


医師・看護師・介護福祉士 に従事する人が少なくて、
医療や福祉の現場では 燃え尽きてしまったり、退職する人も出ていたり…
命を扱う大切な現場なのに、そこで働く人は大変な環境におかれています。

根本的な原因は 必要な人数いないということ。
看護師だけでなく、医師や看護福祉士もみんなそうです。
この問題はたびたびニュースにも取り上げられているので みなさんもご存じだと思います。

そこで、私たちは 自分たちの学習と街でのアピールを行いました。

ナースウェーブ 看護師 学習 講演 質問
学習では「いきいき看護の源は」と題して、看護師の思いと裏腹な現状を学習しました。

ナースウェーブ 看護師 署名 宣伝 街頭
近鉄奈良駅横の噴水前での宣伝。白衣で行ったので、よく目立っています。

ナースウェーブ 看護師 署名 宣伝 街頭 風船 
署名やチラシと一緒に風船も配りました。
訴えに足を止めてくれる方も多く、多くの病院で看護師不足ということを知っている方も多くおられました。

署名 白衣 看護師
多くの若い方も足を止めて署名にご協力いただきました。

力士の慰問

温かい毎日が続きますね。春はもうそこまで。桜のほころびが楽しみですね

3月9日の午後、相撲の錣山(しころやま)部屋の慰問がありました。
ふれあい各フロアと土庫病院4階病棟の訪問で、利用者さんや患者さんらが歓迎しました。

錣山部屋は毎年、
大相撲春場所(大阪場所)で大和高田市の大和ガス㈱の中にある稽古場に来られています。
中井社長のご尽力で、今回5年ぶり2回目の慰問となりました。
慰問の力士

親方の元関脇・寺尾関や前頭筆頭・豊真将関ほか、お弟子さん3名が来られ、各フロアでは歓声が上がっていました。みなさん色紙にサインをしたり、集まった方々と握手したり、また記念撮影のリクエストにも多数応えていただきました。

病室まで
病室で患者さんとの握手にも応えていただきました。


おすもうさん

短時間でしたが、参加した皆さんにとって、記念の日となったようでした。
錣山部屋のみなさん、本当にありがとうございました


看護研究発表会

看護研究 発表者

健生会の 看護の研修制度は目標に向かって一段づつハシゴを登っていく
ラダー”制度を導入しています。

そのなかで 今日は 若手を中心としたラダー1、ラダー2のメンバーでの発表会でした。

以下、看護部門研修委員の蘇我原Nsからの報告です。



今日はラダーⅠ・Ⅱ法人看護研究発表会がありました!
自分たちの行った看護を振り返り発表する場です。

発表を聞き、すごく感動しました。

患者さまとの関わりの中で とてもよい学びをしたと感じました。

今回の発表を聞いて 私自身も 患者さま ご家族さまに寄り添った 看護を行っていけるよう 
日々がんばりたいと改めて思いました。

発表者のみなさん お疲れ様でした

看護研究発表会 全体像

Appendix

Profile

土庫病院看護師長室

奈良県大和高田市にある健生会土庫病院の看護師長室ブログです。病院での日常の出来事やお知らせ、気づきなど医療・看護に関係あることもないことも・・・身近に感じてもらえればHappy!

Extra

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

土庫病院看護師長室

Author:土庫病院看護師長室
奈良県大和高田市にある健生会土庫病院の看護師長室ブログです。病院での日常の出来事やお知らせ、気づきなど医療・看護に関係あることもないことも・・・身近に感じてもらえればHappy!

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索